明日の入口、昨日の出口

とちぎユースワークカレッジは、栃木県からの委託を受け、若年無業者支援事業のNPO法人「とちぎユースサポーターズネットワーク」が運営している、若者が社会参加するための学びと体験の場です。

 まだ、どこにもない学びのスタイル
   学力だけでない、体験と社会貢献で若者を育てる、新しい学び


一般的な社会常識を学ぶ社会教養の授業のほか、農業・環境・地域活性・福祉それぞれのプログラムで講義に加えて、様々な課題を対象にフィールドワークを実施し、それらの実践的な体験を通じて、若者の知識・感性・こころ・好奇心・責任感・主体性をはぐくみ、社会参加への意欲を喚起させることを狙いとしています。

各プログラムの詳細や活動報告は、ページ左にございます、授業の項目をご覧ください。


1
学  習
興味→知る
2
参  加
知る→ふれる
3
体  験
トライ→楽しむ
4
貢  献
他者が認める→喜び役に立つ→動機づけ
5
感   動
喜び→自信
6
就労・起業
 






2008.04  栃木県から委託
2009.09  とちぎユースワークカレッジ開校
2010.04  実施授業に、新たに福祉プログラムを設置,継続学生に対し若者支援コースを設置