もうすぐバレンタインの季節ですね。
お店には様々なチョコが並び始めています。

では、ここで問題です!!
「チョコレートを一口食べてみてください。普段、よく口にするチョコレート。原料は一体何でしょうか??」

という事でみんなもチョコレートを一口。答えは??

「カカオ、それと甘いからお砂糖かなぁ。。。」

チョコレートが入っていた袋の裏を見てみると何と18個の材料が入っていました。中には、カタカナでよくわからないものも。それらは本当に必要でしょうか??

チョコレートは4つの材料があればできるという事で、「カカオバス、カカオバター、お砂糖、粉ミルク」の4つを使ってチョコレート作りに挑戦しました!
温度を上げたり、下げたりと初めてのチョコレート作りに苦戦しながらも、おいしいチョコレートが完成しました♪

午後は、チョコレートの主原料であるカカオについてお勉強しました。

カカオを作っている農家さんはどんな生活をしているのか、カカオ価格の変動により、生産者・消費者にはどのような影響があるのかを学び考えました。難しい問題ではありますが、今日学んだ視点も大切に「食べる」事を考えてもらえればいいと思います。



お弁当の日
本日のテーマ「手紙に書いた気持ちを込めて」