農業プログラムの中には「お弁当の日」があります。

普段はご家族が作ってくださったり、コンビニでパンなどを買ってくる学生が多いのですが、お弁当の日には自分でお弁当を作って持ってくる事になっています。

お弁当を作った事がない学生もいるので、まずはお弁当の作り方。
市貝でお野菜を育てている爽菜農園の小野寺さんにおこしいただき、「旬のお野菜を使ったお弁当」の作り方を教えていただきました。
一つ一つのレシピはそれほど難しくなく、みんなで「このお野菜は何ていう名前??」「どれくらいの時間ゆでればいいんだろう・・」と色々教えてもらいながらお料理しました。

また、就農されたきっかけや自然の恵みや地域にあるものを大切に農業をされているお話をしていただきました。

今回学んだお料理の事、お野菜の事を思い出しながらこれからのお弁当作りをしてもらいたいと思います。みんなどんなお弁当を持ってくるか楽しみです!