食べることが多い農業プログラムですが、農作物は食べる以外にも恵みを与えてくれる!というという事で、ひょうたんを使って入れ物を作りました。



まずはひょうたんの蓋を作ります。
ひょうたんに穴をあけ、梅の枝の太さをカッターで削って調整し、そこにとうもろこしの皮を巻きつけます。



細かい作業でしたが、講師の池田さんに教えてもらいながら、何とか作ることができました。
踏み込み温床の時にも感じましたが、昔の人の知恵は本当にすごいですね☆



そして蓋が完成した人からペイントに。
思い思いの絵をひょうたんに描き完成です!