今日のクラス運営は、「宇都宮 空襲展」を見学しに行きました。


今回の空襲展を主催されている”宇都宮平和祈念館をつくる会” 
事務局長の大野幹雄さんのお話に、みんな真剣な表情で聞き入っていました。




終戦から今年で65年が経ちました。
カレッジには戦争を経験した人は一人もいませんが、もう二度と悲しい歴史を繰り返さないために、過去から学び、そして平和の大切さを後世に語り継ぎ守っていくことは、私たち戦争を知らない世代が担っていく、重要な役割なのかもしれませんね。