午前中の授業は、芸術に触れようということで、歩いて「栃木県美術館」で行われている、”ズィビレ・ベルゲマン展”を観てきました。

ズィビレ・ベルゲマンは第二次世界大戦さなかの1941年、ドイツの首都ベルリンに生まれた女性写真家です。
写真は、国家の分裂という過去を踏まえながら、現代に生きる人間の孤独とたくましさを鮮やかに写しだすものです。
写真展以外にも美術館には、さまざまな作品が展示されています。

午後は、NPO法人 とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」で場所を借りて来週行われる”異文化交流”のプレ講座。

事前に注意点と各グループに分れて、その国の言葉で”挨拶”をするためにワークを行いました。
来週が楽しみですね。