日光猪倉にお住まいの池田さん宅にお伺いし、お茶碗を作ってきました。
皆で田植えしたお米を自分たちで作ったお茶碗とお箸でいただく予定です!


その1

粘土をこねこね。お茶碗のカタチを作ります。
池田さんが作られるのを見ていると簡単にできそうな気になりますが、いざやってみるとこれがなかなか難しい・・・思い通りのカタチになりません。
池田さんに教えてもらい、何とかお茶碗ぽいカタチになりました。

その2

素焼きしてもらったものに色をぬります。
一つもわれることなく、無事焼きあがりました。
今まで池田さんが作られた作品の色を見比べながらそれぞれ好みの色を選び釉薬をぬりました。

もう一度焼いてもらい、完成です。どんなお茶碗ができるか楽しみです!

梅の間伐材を使ったお箸も作りました。
捨てられるはずだった梅の枝がステキなお箸として生まれ変わりました。

これでお米のいただく準備はばっちりです!
あとは、おいしいお米が食べれるように田んぼの草引きを頑張っていきたいと思います。