今回は、いつもお世話になっている田村幸夫さんのコーディネートのもと、茂木町の河又集落にある花工房と農村レストラン『虹色の里 あじ彩』さんへいってきました。

ここは、元々河又小学校があった場所で、地域の女性団体グループが「地域おこし」を目的に活動しています。

天候に恵まれ、宇都宮と違い、爽やかな風が吹く気持ちの良い一日。
宇都宮から茂木町までは、車で1時間とちょっとの距離です。

まずは、虹色の里あじ彩の代表河又さんへ、ご挨拶。
自己紹介を行なって、活動内容について簡単にお話をいただきました。

お話の後は、今日のメインである敷地の草むしりについて説明を受けました。
あじ彩さんのメンバーは、主婦の方がほとんどで、日々忙しく、なかなか敷地のお手入れまではできていないとのこと。

そこで、我らカレッジメンバーの出番です。


BEFORE

(クリックで拡大できます)


AFTER

(クリックで拡大できます)


わずか1時間足らずでこの成果。
本日のタスク終了です。



メンバーからは、一様に楽しかった、面白かったという声があがり、まだまだ草むしりをしていたかった様子。
(このページのご覧の方で、是非草むしりをして欲しいという方がおりましたら、お声をかけてくださいませ!!)

活動のご褒美は、茂木産の素材をふんだんに使用した、あじ彩さん特製お弁当。


(クリックで拡大できます)


季節感たっぷりで、一つ一つがやさしい味付け。
とっても美味しい料理でした。
ごちそうさまでした。


PMは、田村さんとあじ彩さんのお話を聴きます。
茂木町の地域活性への取り組みやまちづくりから見えてくる様々な想い。
あじ彩さんの設立の経緯や現状、想いなど。
お二人からいただいた言葉はどれも貴重なアドバイスばかり。
それぞれがしっかりと胸に焼付けました。



貴重な機会と美味しい食事を提供してくださった虹色の里あじ彩の皆様、ありがとうございました。
またコーディネートしてくださった田村幸夫さま、ありがとうございました。
四季の彩りが豊かな茂木町。
またみんなで訪れようと思います。