「プロジェクトワイルド」とは、自然や環境のために行動できる人を育成することを目的とした、野生生物を題材とした環境教育プログラムです。今回は、「プロジェクトワイルド」の講習を受け、エデュケーターの称号を得たNATのメンバーが講師となり授業を行ってくれました。


野生生物視点でのアクティビティなので、鹿になったり、ウサギになったり、バッタになったり、かえるになったりしながらとにかく走り回りました。体を動かし“感じる”ことによって生態系や食物連鎖について理解することができ、とても楽しい授業でした。


NATのみんなありがとう。