第5期環境プログラムがスタートしました。

今日はNPO法人国際自然大学校日光霧降校(以下霧降校)へ行き、これから様々な体験をする前に、体験から学ぶということはどういうことなのかを教えていただきました。



午前はオリエンテーション。

霧降校の紹介や敷地内散策、そして「体験学習法」とは何かを、講師の金井さんから伝授していただきました。
お昼は、霧降校スタッフ:クリスピーが作ってくれたハヤシライスをごちそうになりました。
とてもおいしかったです。ありがとう。そしてまたよろしくお願いします。期待してます。





午後はみんなで作業のお手伝い。

この作業を通して、体験から学ぶということが少しでもわかったのではないでしょうか。

「感じ・考え・行動する」この言葉を大切に半年間頑張りましょう。

ちなみに私は、“楽しむ”と“恥ずかしい”は紙一重ということを今回の体験で感じました。
それに対するアクションは・・・まだ未定です。