雪不足や悪天候で延期になっていましたが、
奥日光の湯元へ行き、念願のスノーシューハイクをしてきました。



前日に降ったサラッサラの雪と、
雪玉を投げてくる仲間に苦戦しながら、斜面を登りました。



昼食をとった後、見下ろす斜面の急な角度に恐怖しながらも、
仲間同士、手を差し出し、声を掛け合いながら滑り降りました。

本来ならここは、草に覆われたところ。
雪があるからこそ、冬ならではの体験ができました。



最後に恒例の「雪山in」を実施し、冬の奥日光を満喫することができました。