(クリックで拡大できます)
3月11日に起きた東日本大震災。

カレッジでも何かできる事があるのではないかということで、
いわき市災害救援ボランティアセンターさんにお伺いしました。

滞在時間は短かったのですが、海岸沿いの集落で瓦礫の整備をお手伝いしました。
被害が大きかった場所で、集落の大半は津波に流れされ、残されたのは家の柱のみ。
壁や家財はながされ、再び使える情態ではありませんでした。

栃木県で震災を経験し、連日のニュースで被害の状況は目にしていましたが、実際に現場で事態を目の当たりにするとではまったく違い、それぞれが様々なことを感じ、考える一日になりました。