社会教養プログラム



   

社会への一歩を踏み出す前に、準備体操として基礎的な知識とルールを身につける、次のステップへの基礎体力作り。それが社会教養の授業です。

“誠意を込めて対応したのに、相手にマイナスのイメージをもたれてしまった。”
ビジネスマナーを知らなかった事が、自分では理由がわからないままに人間関係につまづくことにもなります。
そこで、社会教養の時間では、電話の受け答えなど基本的なビジネスマナーを学ぶとともに、人を理解し、人に理解してもらうためのコミュニケーション力を学びます。
また、毎週時事問題の解説授業を行い、社会人として“知識がない”という不安を解消し、基礎的教養を高めます。
さらに、パソコンの基本操作、ワードとエクセルを6カ月にわたって学び、文書の作成や、計算書などの作成を身につけます。

主な授業内容

* ビジネスマナー講座* 時事問題の解説* 職場見学* ステップアップコース
* 声を出そう* ディヴェート* 基本的人権* その他

2012年1月16日 インターンに向けて

ようやく、2012年の社会教養スタート。

スタートから、履歴書の書き方、電話のかけ方と、インターンに向けてダッシュです。



電話のかけ方は、実際に携帯を手に取り、メモをしながら、面接のアポどりの練習をしました。
練習なのに、結構がちがちに緊張!本番に向けて、何度も練習あるのみ。


2011年12月26日 大掃除,今年の振り返り



2011年最後のカレッジ、今日は大掃除をしました。

一年のけじめ、窓を拭き、床も掃きだした後、きれいに拭きあげました。
教室も明るくなった感じになり、新年を迎える準備ができました。

午後は、今年一年の振り返り、それ以外にそれぞれに小さいながら進歩前進していることが確認できた時間となりました。

2011年12月19日 ディベートをしよう

人と話すのが苦手、自分の意見なんていえない。
そんな学生たちにディベートをしてもらいました。



4つの班に別れ、自分たちが担当する課題について相手にわかりやすく話し、自分の意見を支持してもらうため話し合い、練習します。



個人の意見を整理後、グループで意見の交換、その後インターネットなどで学び、発表の準備、そして実践です。
みんないつもと違った感じで、意見を発表していました。

2011年12月12日 声を出そう



学生に人気の「声を出そう」の授業です。
今回は自分のことをみんなに発信する、自分のことを話す時間を設けました。

でも、頭が真っ白、どうしよう・・・とならないために、話すネタを持参してもらいました。
最近手に入れたバッグや文房具、お気に入りの仮面ライダーグッズなど、自分がこれについてなら話せる!そんなネタを手に、自分ならではの小さな話しが次々と発表されました。

2011年12月5日 県庁見学

11月30日に実施したヤングスポースフェスティバルの反省と振り返りを午前中に実施しました。



午後は、栃木県庁見学と議会傍聴に県庁まで全員で出かけました。
カレッジの学生は全員が栃木県民、でも普段足を運ぶことも無い県庁で、説明も聞き驚くことも多かったようです。
また議会傍聴は全員が初めての体験。
ドキドキもしもしましたが、社会を学ぶ貴重な経験になったようです。

2011年11月28日 あいさつについて,ヤングスポーツフェスティバル予行練習

(午前) あいさつについて

あいさつはしたほうがいいのか、必要か。

学生の全員があいさつはしたほうがいいと考えていました。

しかし、うまく返事できない。自分からはあいさつできない。
そんな悩みを抱える学生にとって、現実と向き合わなくてはならない授業です。

あいさつをしない自分がどんな風に見えるのか、ロールプレイを通して感じ考えます。

いつか自分からあいさつができるように、今できることからはじめます。


(午後) とちぎヤングスポーツフェスティバル予行練習

本番さながらの予行練習です。

30日本番の報告を楽しみにしてください!

2011年11月21日 声を出そう,権利について考える

(午前) 声を出そう

フリーアナウンサーの臼井佳子さんによる人気授業「声を出そう」です。

授業は、全身をほぐすことからスタート。
声を出すのは、のどだけでなく全身で!
体が少し温かくなったところであいさつをしました。

少し離れたところにいる人に向かって、アーチを描くように声を届ける。

そして早口言葉や連想ゲームのような言葉遊びをしました。

後半は、自分にとって大切なものについて皆に伝え合いました。

バッグや文具など、それぞれの個性があり、楽しい時間となりました。



(午後) 権利について考える

自由や平等という権利について学びました。

少し難しい部分もありますが、生きていく中でとても大切なことです。
そして権利はいつもそこにあるものではなく、自分で守るものだということを学びました。

中東の長期政権が変わっている今だからこそ、考えてみました。

2011年11月14日 ユニアート体験,メディアリテラシー



午前 ユニアートの体験

今日は色を使って自分を出す授業です。
はじめに、お手玉を使い、右手から左手に。
自分の手から人の手にお手玉をゆだねます。



少しリラックスしたところで、色を塗りました。

約1時間ひたすら色を塗る。
自分の好きな色と、自分が絶対に選ばない色。

できた作品を並べると、一つの作品になりました。



午後 メディアリテラシー



実際に新聞を比較しました。
本日は休刊日なので、11月13日の新聞5紙を比較。

朝日新聞・読売新聞・日本経済新聞・下野新聞・スポニチ
一面の見出しの違い、同じ記事の扱いの違いを、書き出して比較しました。

2011年11月7日 フラワーハートセラピー,仕事を休む

フラワーハートセラピー

生花を題材に自分を表現し、こころを開放する授業です。



花を生けるという感覚よりも、イメージしたものを、花を使って表現するイメージ。

花は元気をもらえる
オレンジのバラと
オレンジのポピー
ルビーグラス
カンガルーポー
ピットストルム



風船を使ったり、モールを使ったり、それぞれのイメージを表現し、笑顔あふれる授業となりました。


午後は「仕事を休む」をテーマに学びました。

誰に連絡するか。
電話?メール?
どのように伝えるかを学びました。

2011年10月31日 秋を感じる,お茶をいれる

秋を感じる



秋を感じる授業。

教室を出て、秋を探しに行きました。
紅葉した落ち葉、柿、花、それぞれが秋を感じたものを報告しました。
感じ方は人によってちがうことも感じました。


お茶を入れる

会議室にお茶を運ぶ設定で、お茶を入れました。



簡単そうでもやってみるといろいろ手順もあり、一つ一つ確認しながらお茶を入れ、運びました。

学生にとっては、普段やりなれない作業で、ちょっと緊張していましたが、みんな上手にお茶が入れられました。

2011年10月24日 声を出そう(1),言葉を飾ろう

声を出そう(1)

フリーアナウンサーの臼井佳子さんによる「声を出そう」の授業です。



体をほぐして、あいさつからスタート。
一つのテーマで言葉を出し合ったり、しりとりをしたり、言葉で遊びました。

その後早口言葉を練習。
早く言うためにではなく、明確に話すために、あごと舌を動かしました。



言葉を飾ろう

ひとりひとり選んだ果物や野菜を、はじめに言葉で表現。
次に絵で表現しました。



絵に描いた後、さらに言葉で表現しました。
対象物を良く見ることで、少しずつ表現に幅が広がるのを実感しました。

2011年10月17日 オリエンテーション

グループごとに街歩きをします。



カレッジをスタートして、二荒山神社まで直線で行けば短い距離ですが、いくつかの課題があります。

・6つ以上の町を通る
・地下道を通る

各グループ、カレッジから、西へ南へとスタートし、無事ミッション達成し、二荒山神社に到着しました。





午後は、二荒山神社で宮司様にお話を聞き、その後、神社内でミニオリエンテーリングをしました。

神社という一見狭い場所でも、歩いてみればいろんな発見があることに気付きました。