自由と平等を学んだ後は社会権を学びました。

憲法第25条 「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

その中でも労働権について実際の場面を交えながら全員で考えて行きました。
もし、最低賃金以下で働くようにいわれたらどうしますか。

交渉したいけど実際には交渉できないかも。
そんな時どうする方法があるのか。

悩みのなかから、社会の仕組みを学びました。

人と意見を交わす

感情的な部分を差し引き、論を交わす授業です。

テーマは2つ
・18歳は大人か、子どもか
・大切な連絡は メールか電話か

どちらも絶対ではない事を論じる中で違った見方で考える、自分とは違う意見に耳を傾ける、そして、絶対的な結論がでない問題があることを学びました。

頭の中がぐるぐるしながらも、考え、論じ、また考え、そして論じた時間となりました。