社会教養、今期最後の授業です。

「社会とつながろう」の授業で訪問した、またはこれから訪問する社会団体についての発表です。

午前中は、臼井佳子先生による「声を出そう」で、実際にプレ発表をし、声の調子や、発表するときの目線、また、パワーポイントを使った場合のポイントなどひとりひとり丁寧に教えていただきました。

緊張しているときこそ、皆のほうを見て
うなづきを感じて、聞いている人を仲間につける。
そんな臼井さんからのアドバイスが心に響きました。

午後はいよいよ本番。

どうしてその団体に興味を持ったのか、どうして団体の支援ないように興味を持ったのか。
また実際に訪問して、お話を聞いてどうだったか。
緊張しながらの発表です。
臼井さんからの指摘を生かして
午前中よりずっとグレードアップして
皆のほうをみて、落ち着いて、ゆっくり大きな声で
それぞれの団体について発表していました。

社会につながる一歩をまた踏み出した学生たち
またここから新しい人とのつながりができました。