(午前)

これまで、コミュニケーションの基礎として挨拶についてロールプレイなど練習してきましたが実際には、なかなか言葉が出ない場面もある!

そんな時どうすればいいのか、言葉が出ないともうだめなのか・・・・

言葉に頼らないコミュニケーションを学ぶためにクラシックバレエを見ました。
1回目は音楽もない無音劇
うーん 眠くなる・・・

2回目は音楽をつけてクラシックバレエによる舞台を見ました。

「言葉がなくても音がなくても何を伝えようとしているかはわかる
その時の感情などは感じることが出来る」

言葉がなくても感情を感じることに気付き、さらに音楽があるともっとこちらの心が揺さぶられることを感じました。
音楽ってすごいですね。

人に思いを伝えるのに、言葉と、声と、表情と、しぐさと総動員するバランスをこれからも学んでいきます。





(午後)

午後は職場でお茶を入れる練習をします。

3人一組になり、来訪者、上司、ヒラの3人で打ち合わせの場面設定でお茶を運びます。

お茶を入れるという意味について少し考えてから、実践に。

打ち合わせ前のテーブルセットからお茶の用意、お茶を運び
打ち合わせ修了後
お茶を片付け、テーブルセットまで
一連の作業を全員が経験しました。

初めてのことでドキドキの学生もいましたが、みんな上手に出来ました。
今後も機会を作り、お茶入れをマスターしていきます。