第3期は、1月と3月に月1回全員参加で授業を行います。

第2回目となる今回はYMCA福祉会が運営する「わいわい道場宿」でお年寄りの知恵を学びにきました。

午前中は、みんなで「団子作り」。
よもぎ団子を作ったのですが、学生みんなは初体験。
作り方をのぞきながら作っていると・・・「水じゃダメだ、お湯お湯」と声が・・・
そう、ここはお年寄りの出番です!!。
水(お湯)の注ぎ方、団子の捏ね方、上手なちぎり方など作り方には載っていないことをたくさん教えていただき、長年培った知恵を学ばせていただきました。

 

午後は、折紙で作品をつくりました。
器用不器用は、関係ありません。
みんなで話しながらひとつの作業をすることで会話が生まれます。
楽しい会話もはずみ、あっという間におやつの時間。
その前に、利用されている方の琴の演奏を聞かせていただきました。
”若者の力”と”お年寄りの知恵”の共同作業でつくった団子は、格別な味です。

「お年よりは、地域の図書館」
これからも、さまざまな形で知恵を学ばせていただこうと思います。