今回は、YMCA福祉会が運営する「わいわい道場宿」へ伺いました。

昨年、実施した「流しそうめん」が大好評でいたので今年も実施させていただきました。
前日の竹割、器つくりから参加した学生もいました。

午前中は準備。



外の流しそうめん設置と、中の調理班に分れ、作業します。
調理班は、暑い中そうめんを茹でたり副菜を作ったり
流しそうめん班は、竹を設置し、高さや配置の調整に苦戦していました。
全員で力をあわせることによって、1時間半という短い時間でなんとかお昼に間に合わせることができました。


ご利用者のみなさん「おいしい」との声。
準備したそうめんもあっという間になくなりました。





午後に片づけを終らせて、レクリエーション「輪投げ大会」へ参加。



これが意外と難しく、入らない・・・。
成功すれば「おぉ~」と言う歓声、失敗すれば大きな笑い声。
ご利用者のみなさんも若い人との交流をすごく楽しみにしてくれて、学生のみんなも楽しく過ごしていました。

相手に楽しんでもらうことも大切ですが、自分も楽しむこと。
相手も自分も楽しめることが、人と関わる上での大切なことです。